晴れときどきサメ

ゲームや映画、好きなモノを語っている雑記ブログです。

- Pick up -


- New post -

【ポケモンでパネポン】やり込み度バツグンのパズルゲーム!【プレイ内容レビュー】

 記事のタイトルとURLをコピー

f:id:yoru_diary:20210828225915p:plain

皆さんは『パネルでポン』通称:パネポンと呼ばれるアクションパズルゲームをご存知でしょうか?

1995年にスーファミで発売された初代パネポンは今でも人気が高く、クラシックミニシリーズへの収録や、ニンテンドースイッチオンラインでも配信がされています。可愛らしい妖精のキャラクターが特徴です。

続編のパネポンでは、任天堂の人気キャラクターであるヨッシーポケモンを起用しており、 今回紹介する『ポケモンでパネポン』は、ゲームボーイシリーズの二作目になります。

当時からポケモン好きだった私は、これがパネポンデビュー作となりました!

このゲームはこんな人におすすめ!
  • ポケモンシリーズが好きな人
  • パズルゲームが好きな人
  • できるところまでやりこみたい人

 

 

『ポケモンでパネポン』とは?

2000年9月21日にゲームボーイカラーで発売された『ポケモンでパネポン』は、『パネルでポン』の キャラクター・世界観をポケモンに置き換えたシリーズ作品です。

登場するポケモンはがベースとなっており、様々なモードが用意されています。

通信ケーブルがあれば二人対戦も可能です。

ひとりであそぶでは、エンドレス・VS COM・スコアアタック・ステージクリア・パズル・おじゃまアタックといった6つのモードから選んで遊ぶことができます。

モードによっては難易度を選ぶことも可能。

EASYNORMALHARDに加えて、隠し難易度であるS-HARDV-HARDが存在します。

また、じょうたつへのみちでは練習モードも搭載。初心者でも安心してパネポンの基本を学ぶことができます。

  • エンドレス:ゲームオーバーまでプレイするモード。ゲームオーバー時の点数によってエンディングが変わる。
  • VS COM:ジムリーダーたちと対戦するモード。同時消しや連鎖で攻撃をして、相手ポケモンの体力を削り切れば勝ち。
  • スコアアタック:一定の時間でスコアを競うモード。
  • ステージクリア:用意されているステージをクリアしていくモード。
  • パズル:あらかじめ決まった手数でパネルを消す、詰めパズルモード。
  • おじゃまアタック:ひたすら降ってくるおじゃまを消すモード。エンドレスと同じく、ゲームオーバー時の点数によってエンディングが変わる。

どれも多数のステージが用意されており、かなりやり込むことができます!

 

『ポケモンでパネポン』の遊び方

基本となる❤︎ハート♦︎ダイヤ▲三角■四角★星のパネルを、縦横3枚以上揃えて消していきます。

ただし、ダメージを与えるには連鎖や同時消しが必要。

一回の手数でパネルを4枚以上消すと、同時消しとなりダメージを与えられます。

パネルが消えている間はわずかに時間が止まります。その間に素早く操作して続けてパネルを消していく技を、アクティブ連鎖と言います。

このゲームは、アクティブ連鎖をいかに連発できるかが勝負のカギです!

最初はなかなか難しいので練習あるのみですが、慣れてくると連鎖を作れるようになっていきます。

ゲームボーイの操作は、十字ボタンでカーソル移動、Aボタンでパネルの入れ替え、Bボタンでパネルのせりあげができます。

 

金銀ジムリーダー・四天王に挑戦! VS COMモード

VS COMは、私が一番好きだったモードです。

ゲーム開始時の手持ちはチコリータヒノアラシワニノコの金銀御三家のみですが、VS COMモードを進めていくと、プレイヤーに挑みにやってくるトレーナーを倒すことで、手持ちポケモンを増やすことができます。

またプレイしていくとタマゴから生まれるポケモンも存在し、手持ちの最大は13匹になります。

※孵化して仲間になるタマゴポケモンは、VS COMモードでは使用できません。

ピカチュウを除いて、手持ちは全て金銀初登場のポケモンです。

最初に戦うのはキキョウシティのジムリーダー・ハヤト氏。

こちらが実際のプレイ画面。このビックリマークのパネルは、3つ繋げて消すだけでダメージを与えることができます。

下画面から徐々にせりあがってくるパネルは、Bボタンの長押しで素早く上げることができます。

相手ポケモンの体力ゲージを削り切れば、プレイヤーの勝利です。

パネルが上画面いっぱいまで埋まってしまうと、ゲームオーバー

序盤はまだ易しいですが、後半のジムリーダーになるとパネルのせりあがるスピードも早くなり、敵の攻撃も次々と飛んできます。

負けてもコンティニューは可能ですが、手持ちポケモンが全員瀕死になってしまうと完全にゲームオーバーです。難易度によってはかなり手強いので、挑める手数を増やすためにも、あらかじめ手持ちポケモンを増やしておくことが吉です。

ちなみに、ポケモンの相性(バツグン・いまひとつ等)の概念はなく、一対一で戦います。

ジムリーダー全員を倒すと挑むことのできる四天王は、かなりの手強さです!

登場するポケモンには攻撃時や勝利時、負けた時の絵がそれぞれ用意されており、見ているだけでも和みます。

 

 

考えながら楽しめる!パズルモード 

このモードも好きで最終面までやり込みました!個人的におすすめです。

パズルモードは、あらかじめ決まった手数でパネルを動かし、全消しすればステージクリアとなります。

クリアのコツは、パネルを動かした先の盤面を脳内でシミュレーションしながら、一手を大事に進めることです。

例としてこのステージは、選択されている三角を左にずらして落とす→まず四角を消して、連鎖で三角を消す→全消し、クリアとなります。

このステージは、3回の手数で全消しをします。

面が進むとこのようにだんだんと難しくなっていくのが特徴です。どうしても分からない場合はヒントを駆使することもできます。

失敗しても何度でもチャレンジできるので、気軽な頭の体操になります!

 

GB版パネルでポンが遊べる!?出すための隠しコマンド 

なんとこのポケモンでパネポン、隠しコマンドを入力することでGB版パネルでポンを遊ぶこともできちゃいます。

無印のパネルでポンはGBに存在していないため、未発売の幻のソフトです。本来スーファミの移植版として開発されていた没データではないか?と言われています。

モノクロGB対応ですが、ゲームボーイカラーでも起動可能です。

起動するには、最初のスタート画面で、↑2回、→4回、↓1回、←10回、↑4回、→1回、↓6回、Bボタンを入力します。

すると、このような画面が出てきます。

 

 

この後に、Aボタン24回、続けてBボタン24回を入力。

すると、画面が切り替わります。

パネルでポンGBのデータです!

ここでは、ゲームの設定やオプションを好きに選択することができます。

ゲームモードは"エンドレス"と"おじゃまアタック"の2種類。

スタート時の画面はこのような感じです。

パネルでポンのリップちゃんが出てきます。

画面はヨッシーのパネポンに近い感じです。 

いろんなゲームで没データの解析はたびたび耳にしますが、実際に遊べてしまうのは驚きでした。ちょっぴり感動です。
ポケモンでパネポンを持っている方は、ぜひ試してみてください! 

 

『ポケモンでパネポン』まとめ

ポケモンというキャラクターの枠に留まらず、パネポンを極めることもできる完成度の高い作品です。とにかくやり込み要素が半端ないので、簡単すぎて物足りない・・・というユーザーを奈落に叩き落とす難易度、V-HARDも存在します。

パネルが消えている間にもBボタンでパネルをせりあげるばくはつせりあげを生かし、アクティブ連鎖を狙うことが、大連鎖のポイントです。

またステージモードではジョウトジムリーダーたちの1枚絵が用意されており、ファンには嬉しい要素となっています。

ポケモンが好きでパズルゲームも好きという方には、特におすすめのソフトです。

興味が湧いた方はぜひ、 遊んでみてください!

GBソフトはこちら