晴れときどきサメ

ゲームや映画、好きなモノを語っている雑記ブログです。

- Pick up -


- New post -

【初代 星のカービィ】デビュー作はゲームボーイ!【プレイ内容レビュー】

 記事のタイトルとURLをコピー

f:id:yoru_diary:20210830142019p:plain

『星のカービィ』と言えば、誰もが知ってる大人気アクションゲームです。

主役のカービィを初めとする可愛らしいキャラクターと世界観、遊びやすいゲームシステムで、子供から大人まで幅広いファンを獲得しています。

そんなカービィのデビュー作は、1992年4月27日にゲームボーイで発売されました。

開発はHAL研究所(通称:HAL研)優しいタッチの犬たまごロゴで有名です。

任天堂の大人気シリーズ・大乱闘スマッシュブラザーズのディレクターでもある桜井政博氏が、生みの親としても広く知られています。

今回の記事では、こちらの初代カービィを取り上げていきます!

このゲームはこんな人におすすめ!
  • 星のカービィシリーズが好きな人
  • アクションゲームがあまり得意でない人
  • サクッと遊べるゲームがやりたい人

 

 

『星のカービィ』とは? 

呆れ返るほど平和な星・プププランドに暮らす、まんまるで食いしん坊な星のヒーロー。当初は旅人だったのでプププランドにふらりと立ち寄ったカービィですが、後に住民となります。

性格は能天気でマイペース。ぼんやりとしていますが、決めたことはやり遂げる強い意志の持ち主!

年齢や性別は不明ですが、"若者"と呼ばれている描写があります。

初代星のカービィは、プププランドの住民から食べ物と、この国に伝わる秘宝・きらきらぼしを奪っていったデデデ大王を懲らしめるため、冒険の旅に出かけます。

 

カービィ誕生秘話

カービィは元々『ティンクル★ポポ』というタイトルで、発売がされる予定でした。

またカービィも、"カービィ"ではなく"ポポポ"という名前でした。その後諸事情により"星のカービィ"と現在の名前に変更され、発売に至ります。

このカタカナが3つ並ぶ開発当初のモチーフは、舞台であるプププランドや、敵のデデデ大王ロロロ&ラララといったネーミングに使われていると言われています。

実は、カービィの名前の由来は未だハッキリとはしていないみたいです。

有力なのが、当時のアメリカの掃除機会社(カービィは敵を吸い込むことから)の『Kirby Company』から取った説。そして、任天堂の顧問弁護士として活躍していたジョン・カービィ氏の名前から取ったという説です。

ティンクル★ポポの見た目は現在のカービィとほぼ変わらず、製作されたゲームグラフィックも同一のものでした。

 

初代カービィの特徴・遊び方

サクサク進めるやさしい難易度で、ゲーム初心者も遊びやすいように設計されています。直感的に遊べるところは、カービィシリーズの魅力です!

現在のカービィシリーズと最も違う特徴は、コピー能力が存在しないことです。

シリーズではおなじみ、ワドルドゥを吸い込んでもビームをコピーすることはできません。そのためカービィの攻撃方法はかなりシンプルで、敵に近づいてすいこみからのはきだしこうげき、空中に浮かんで移動するホバリングからの空気砲が基本となります。

  • Aボタン:ジャンプ
  • Bボタン:すいこみ・はきだしこうげき・アイテムの使用・空気砲(ホバリング中に押す)
  • 十字キー↑:ホバリング・扉に入る
  • 十字キー←→:移動
  • 十字キー↓:しゃがみ・床のすりぬけ

ダッシュやスライディングは未実装。セーブ機能も実装されていないため、休憩する時はスタートボタンでポーズ画面にする必要があります。ですが、一気に遊べてしまう難易度なのであまり使わないかも?

各ステージには、カービィの冒険を手助けしてくれるアイテムが多数登場します。

こちらのさつまいもは、食べると一定時間空気砲を連続して撃つことができます。

他にも、食べると一定時間炎を吐き続けることができる激辛カレーライス、 使うと前方の敵を巻き込んで攻撃するバクダン、画面内の敵を一掃できるマイクなど様々です。

シリーズではおなじみの無敵キャンディーや、体力を回復するマキシムトマト元気ドリンクも出てきます。

ボスキャラ・クラッコ氏も初登場。

カービィの体力ゲージは6です。敵に当たる、もしくは攻撃を食らってしまうと減っていきます。基本は1ずつ減りますが、敵や食らう場所によっては2や3ダメージ、スーパーマリオシリーズと同じく落下で即死となります。

画面右下の残機がゼロになってしまうとゲームオーバーです。

 

 

VSデデデ大王

デデデ大王は、プププランドの自称大王さま。

今作では国中の食べ物ときらきらぼしを盗むという悪事を働き、カービィに成敗されます。ただし根っからの悪党ではないようで、シリーズによってはカービィの冒険を協力してくれることも。憎めないキャラクターです。

ラスボス・デデデ大王のステージでは、今までに戦ったボスとの再戦を経て挑みます。 

体力ゲージも多いので、ちょっぴり苦戦を強いられます。

大王の基本となる攻撃モーションは初代から変わらず、後のシリーズでも使われています。(吸い込み、ズッコケ、ハンマー、ハイジャンプなど)これらの攻撃パターンを読むことで、回避に繋がります。

カービィは大王の出す星を吸い込み、ぶつけていくことでダメージを与えられます。

 

高難度のエキストラモード

デデデ大王を倒すとエンディングになり、スタッフロールが流れます。

(所感ですが、思っていたよりも少ない人数のスタッフで製作されたと知り驚きました・・・!)

この時に見れるアニメーションも可愛らしいので、ぜひプレイして確かめてみてください。 

そしてスタッフロールが終わると、こんな画面が出てきます。

なんと、エクストラモードが解放されました。

(何故か大王もビックリしています)

タイトル画面で、↑+A+セレクトボタンを同時押しすると、高難易度のエクストラモードで遊ぶことができます。

ステージ内容は変わりませんが、出てくる敵キャラが軒並み強化されており、カービィが食らうダメージ量も増えています

今までのやさしいカービィとは一転してハードですが、通常モードが物足りない方は挑戦の価値ありです!

 

もう一つの隠し要素として、↓+B+セレクトボタンを同時押しで、コンフィグモードを呼び出すこともできます。

このモードではカービィの体力の初期設定ができたり、サウンドトラックを楽しめます。

いずれも通常モードをクリアしなくても上記のコマンドを入力することで呼び出せるので、ソフトを持っている方はぜひ試してみてください!

 

初代カービィの小ネタ

ゲームボーイで発売された初代カービィは、画面のグラフィックもモノクロ(白黒)でした。

そのためカービィがピンク色であると認識されず、アメリカで発売された当時のパッケージには、真っ白のカービィが描かれています。

なかなか驚いてしまう話ですが、おそらく日本からきちんとカービィの色を伝えていなかったため、起きてしまった勘違いなのでしょう。

ファミコンで発売された続編『星のカービィ 夢の泉の物語』では、白色ピンク色の中間色を取ったようなカービィが北米版のパッケージにいます。

 

初代『星のカービィ』まとめ

カービィのデビュー作である本作は、サクサクプレイが売りのやさしい横スクロールアクションゲームです。

しかし、それはあくまでも表向き!隠し難易度であるエキストラモードは、星のカービィシリーズの中でもかなりの難易度を誇ります。

当時小学生だった私は、エキストラモードに挑むも全く歯が立ちませんでした。悔しかったことを覚えています・・・

カービィの可愛らしい世界観は、初代から長く受け継がれています。

今だと実機で遊ぶ以外に、3DSのバーチャルコンソールでプレイすることも可能です。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

興味のある方はぜひ、遊んでみてください!

GB版はこちら