晴れときどきサメ

ゲームや映画、好きなモノを語っている雑記ブログです。

- Pick up -


- New post -

【ポートピア連続殺人事件】世界一有名な犯人?ファミコン初の推理ADV【プレイ内容レビュー】

 記事のタイトルとURLをコピー

f:id:yoru_diary:20210902234451p:plain

"犯人は◯◯"のフレーズを、皆さんはどこかで耳にしたことはあるでしょうか?

 

(◯◯に入る人物の名前は直接ネタバレにも繋がってしまうため、あえてここでは伏せさせて頂きます)

今回の記事では、その元ネタとしても有名な『ポートピア連続殺人事件』を紹介していきます!

ドラゴンクエストシリーズの堀井雄二氏が原作を手掛けたことでも知られている作品です。

元々はPC用ゲームとして、PC-8801で1983年6月にエニックス(現・スクウェア・エニックス)より発売されました。

そして1985年11月29日、ファミコン移植版が発売となります。

当時は、ファミコン初の本格推理アドベンチャーゲームとして話題になりました。

このゲームはこんな人におすすめ!
  • アドベンチャーゲームが好きな人
  • 推理をしたい人
  • 犯人は◯◯の元ネタが気になる人

 

 

『ポートピア連続殺人事件』とは?

本作は、オーソドックスなコマンド選択式のアドベンチャーゲームです。

同じく堀井氏がシナリオを担当、後に発売された作品である『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』『軽井沢誘拐案内』と合わせて、堀井ミステリー三部作と呼ばれています。

プレイヤーは"ボス"と呼ばれる刑事。部下のヤスと共に、事件のあった場所に赴き、捜査を開始します。

ポートピアとタイトルにも付けられている通り、兵庫県の神戸市が舞台となっています。

プレイヤーは画面右側のコマンドを選択し、ヤスに命令する形で捜査を進めます。

コマンドはかなり細分化されているため、状況に応じて適切に選択していく必要があります。

「でんわ かけろ」のコマンドでは、実際に番号を打ち込むことができます。

ゲーム中に出てくる番号を入力する必要があるのですが、ここであえて110番を入れてみると・・・?

電話口で怒られるという小ネタも仕込まれています。

本筋は真面目ですが終始ガチガチというわけではなく、スタッフの遊び心も随所に見られる作品となってます。

 

『ポートピア連続殺人事件』のストーリー

story

何かと黒い噂の絶えない金融会社「ローンやまきん」の社長、山川耕造が何者かによって殺害される。兵庫県警の主人公(ボス)は、部下の真野康彦(ヤス)と共に事件解明に向けて捜査を開始するが、耕造が発見された自室は完全な密室殺人であった。

被害者親族や、関係者のきな臭い過去が徐々に明るみになっていく中、やがて事件は第二、第三の被害者が発見されてしまう事態に。

ボスとヤスは全ての謎を解き、事件の収束を図ることができるのか?

驚きの結末が待っています。

 

 

プレイヤーの操作方法

操作はとてもシンプルです。

  • 十字ボタン↑↓:コマンド選択
  • Aボタン:決定
  • Bボタン:キャンセル、コマンド欄の切り替え

捜査では、二種類のコマンド欄を場面ごとに切り替えて使っていきます。

画面上に現れる虫眼鏡カーソルは十時ボタンで動かし、調べたい箇所でAボタンを押します。

 

ファミコン初の推理アドベンチャーゲーム

当時のファミコンソフトは流行りもあって、架空の舞台をテーマとしたファンタジー作品が多く世に出ていました。

そんな中で発売された本作は、日本が舞台。登場人物も身近な存在の刑事であり、社会派なストーリーもファミコンでは斬新だと評価されました。

 

実際に遊んだ身としては、一つの推理小説の物語を、起承転結で追っているような感覚でした。

容量の問題もあり全体のボリュームとしてはそこまで大きくありませんが、適切なコマンドを入力しなければ先に進めない場面がいくつもあるため、詰まってしまうとなかなか本筋を辿れない罠も。

今はインターネットで調べればすぐヒントが出てきますが、おそらく当時は攻略サイトもなかった時代なので、完全にクリアするまでにはかなりの労力が必要だったと思われます。ストーリーもどちらかというと大人向けの内容です。(サラ金、密売、スナックなどなど・・・)

当時のゲーマーたちは口コミで協力し合いながら、クリアを目指したのかもしれません。

 

"犯人は◯◯"の語源

このフレーズはゲーム内に直接出てくるわけではなく、広めたのはビートたけし氏です。『オールナイトニッポン』というラジオ番組の中で、たけし氏が実際にゲームをプレイする企画があり、そこで選ばれたのが本作。

犯人の正体に感づいたたけし氏が「犯人ってコイツ(◯◯)では?」とあくまでも予想ではあるものの公共の電波に乗せてしまったことから、当時放送を聞いていたリスナーの間で広まり、やがて全国に浸透してしまった・・・という経緯があります。えらいこっちゃ

こういったジャンルのゲームは特にネタバレ厳禁なので、(逆にゲームソフトの知名度向上に繋がったのかもしれませんが)驚きですよね。

それにしてもこのたけし氏の試みは、まるでゲーム実況の先駆けです。

 

『ポートピア連続殺人事件』まとめ

本作は、ファミコンでRPGを作りたいという、堀井氏が温めていたアイデアを先駆けで実践したものになります。あの有名なRPG・ドラゴンクエストの誕生にも関わっているのです。

このコマンド選択方式は後のエニックス、他社の作品にも多く受け継がれることになります。そういった功績を残した意味でも、凄い作品です。

また、ファミコン版の本作ではPC版にはなかった新要素がいくつか追加されており、地下迷宮のような通路も登場します。これは堀井氏が当時プレイした『ウィザードリィ』という海外のRPGからヒントを得て作っており、非常によく似ています。(オマージュだとも言われています)

 

今遊ぶとボリュームで物足りない感はあるかもしれませんが、犯人の名前を知っていたとしてもその意外性のある展開には驚かされますし、当時これをやってのけた堀井氏のセンスにとても感心させられます。

古典的な推理アドベンチャーゲームを遊んでみたいという方にはぜひおすすめです。

ここまでお読みくださりありがとうございます。

ヌードッコがじわじわくる、yoruでした。

 

『ポートピア連続殺人事件』FCソフト