晴れときどきサメ

ゲームや映画、好きなモノを語っている雑記ブログです。

- Pick up -


- New post -

【POKÉTOON】がスゴすぎる話。完成度の高いアニメーション!【作品紹介・レビュー】

 記事のタイトルとURLをコピー

f:id:yoru_diary:20210920150303p:plain

こんにちは!小さい頃の夢はポケモンマスターだった、yoruです。

 

ポケットモンスターが好きな方は既にご存知かもしれませんが、現在YouTubeチャンネル『ポケモン Kids TV』では、POKÉTOON(ポケトゥーン)というシリーズのアニメーションが無料配信されています!

親子で楽しめるアニメをコンセプトに制作されており、年齢関係なく全てのポケモンファンに贈られた素敵なアニメーションです。

アニメの完成度の高さ、ストーリーの面白さ、出てくるポケモンの可愛さなど、とにかく魅力がてんこもりです!

2021年9月18日現在、公開されているPOKÉTOONシリーズは全6弾。

つい先日には、最新作の『ゲンガーになっちゃった!?』が公開されました。

ゲンガー好きの筆者には非常にたまらない内容のアニメーションになっておりました・・・!

今回の記事では第1弾から順を追い、POKÉTOONシリーズの作品紹介をしていきたいと思います!どんなお話なんだろう?と、気になっている方の参考になれば嬉しいです!

※各作品のスタッフクレジットは一部記載させて頂いております。

 

 

POKÉTOON(ポケトゥーン)作品紹介

f:id:yoru_diary:20210920002525p:plain

出典:『POKÉTOON』ズルッグとミミッキュ

第1弾『ズルッグとミミッキュ』

ズルッグとミミッキュ
  • 配信日:2020年6月5日
  • 監督・絵コンテ:井上卓
  • キャラクターデザイン・監督補:槇尾美弥子
  • 演出:泉保良輔
  • 作画監督:鈴木伸一
Story

好物のポケマメを拾いながら追いかけていたズルッグ。気づくと汽車に乗ってしまいました。

そこには大きなカバンがあって、中から出てきたのはミミッキュ!イタズラ好きのミミッキュにしてやられてしまうズルッグですが、ばけのかわの中身を見てしまい・・・!? 2匹のドタバタ・追いかけっこがはじまります。

 

ルーニー・チューンズ風の可愛らしいカートゥーンアニメーション!

バッグス・バニーやトゥイーティーが活躍する、ルーニー・チューンズを思わせるアニメーションがとても可愛らしい作品です。

筆者はトムとジェリーを思い出しました!

カートゥーンとは?

アメリカやヨーロッパの漫画・アニメを指す言葉。近年では子供向けのアニメーション作品を指すことが多いです。

POKÉTOONシリーズの語源であり、ロゴにもなっているこちらの作品。ぬるっとした滑らかな動きや独特の演出は、細部にわたってこだわりが感じられます。

f:id:yoru_diary:20210919205018p:plain

出典:『POKÉTOON』ズルッグとミミッキュ

副題は"CHASE THE BEANS"で、"豆を追いかける"という訳です。

ミミッキュとズルッグは、どちらも"皮"という共通点のあるポケモンです。見た目やタイプが違う2匹ですが、実は似たもの同士なのかも?

クラシカルで懐かしさを感じる、楽しいアニメーションです!

 

第2弾『ヒーローになりたいヤンチャム』

ヒーローになりたいヤンチャム
  • 配信日:2021年5月5日
  • 総監督 :山下清悟
  • 監督・脚本・絵コンテ・少年トレーナー原案・音響監督・編集・タイトルロゴデザイン:山本準一
  • 助監督・3Dテクニカルリーダー・撮影:石川剛史
  • キャラクターデザイン・作画監督:可否
Story

山の高いところに住むヤンチャム。毎日厳しい修行に明け暮れるヤンチャムは、かつて自分を助けてくれたウインディに憧れ、ヒーローになりたいという夢がありました。

しかし、ヤンチャムは進化すると悪タイプのゴロンダになってしまいます。こわもてポケモンのゴロンダになってしまうと怖がられてしまうかもしれない・・・ヤンチャムは悩んでいました。

そんなある日、ひとりの少年がヤンチャムに助けを求めました。少年の父親が働く採掘場が雪崩に遭い、閉じ込められてしまったのです。少年と人々を助けるために、ヤンチャムが出した決断とは・・・。

 

頑張るヤンチャムを応援したくなる物語

努力家でがんばり屋のヤンチャムは、進化に対して否定的です。進化をしなくなるアイテム"かわらずのいし"のペンダントを首から下げて、修行をしています。

"正義"を追い求めるヤンチャムにとって、ゴロンダの悪タイプは邪道だったのかもしれません。

f:id:yoru_diary:20210920102255p:plain

出典:『POKÉTOON』ヒーローになりたいヤンチャム

物語の終盤にヤンチャムが下した決断、その努力と行動が実を結んだ結果は思わず感動します。ヤンチャムと少年の頑張りに勇気づけられる、素敵なお話です。

ストーリーを重視したいという方には、特におすすめのアニメーション作品です!

 

 

第3弾『ユメノツボミ』

ユメノツボミ
  • 配信日:2021年6月4日
  • 総監督:山下清悟
  • 脚本:松澤くれは
  • 絵コンテ:山下清悟、渡辺葉
  • キャラクターデザイン:渡辺暁子
Story

おっちょこちょいのツボミの将来の夢は、ポケモンリーグチャンピオンになること。

しかし"あなたみたいに周りの見えない子は心配なの"とママに諭され、トレーナーとしての旅立ちをなかなか許してもらえません。

とうとう我慢できなくなったツボミは、ポケモンを探しにひとりで森へ出かけてしまいます。そこでツボミが出会ったポケモンは、やがて町を巻き込むことになり・・・!?

 

小ネタも豊富!オールドファンも楽しめます

ツボミが住んでいる場所は、出てくるポケモンから分かる通りに"カントー地方"の町です。初代ポケットモンスターシリーズ、赤緑版の舞台でもあります。

昔からのポケモンファンの方は、特に懐かしい気持ちになります!

ツボミは周りの子は既に旅立っているのに、自分だけ・・・と焦りも感じていたのでしょう。自分のポケモンを持っていない状態で森へ行くという、無鉄砲な行動を冒してしまいます。

野生のポケモンに襲われかけるツボミを助けてくれたのは、ニドラン♂でした。

f:id:yoru_diary:20210920111719p:plain

出典:『POKÉTOON』ユメノツボミ

このニドラン♂がきっかけで、やがて町を巻き込む騒動に。

ツボミとニドラン、それぞれの親子関係ーーー共に子を思う気持ちが深く描かれている作品です。

ツボミのパパのポケモン、リザードンの"ちょろび"もとても可愛いです!(こんなにゆるっとした、脱力系リザードンを見たのは初めてです)

そして驚きのラストシーン、成長したニドランと戦うあのポケモン・・・赤緑版を遊んだ方ならきっと感動すると思います。

 

第4弾『まっててね!コイキング』

まっててね!コイキング
  • 配信日:2021年7月2日
  • 総監督:山下清悟
  • 監督・演出・絵コンテ・キャラクターデザイン・美術デザイン・原画・作画監督:エロール・セドリック
  • 脚本:金知彦
  • 美術監督:工藤ただし
Story

おじいちゃんと釣りにきた湖で、コイキングに出会ったリクオ。

連れて帰りたいと両親に伝えるも、渋い顔をされてしまい・・・泣く泣くポケモンブリーダーに預けることになりました。

月日は流れ、会えない日々が続くリクオとコイキング。そしてついに再会の日は訪れます。

 

セリフがなくても伝わる愛情!音と映像で魅せるアニメーション

本作の一番の特徴は、登場人物のセリフがないことです。その代わりに、リコーダーや太鼓の美しい音色が本編を彩ります。

リクオの持つリコーダーが奏でる音に魅せられたコイキング。ふたりは音色を通じて不思議な交流を図ります。

リクオが最初、コイキングを連れて帰ることを許されなかったのはおそらくまだ年齢が低かったためでしょう。ブリーダーの元に預けられたコイキングは、リクオと再び会える日を信じて待ち続けます。

健気なコイキングがいじらしくて、とても可愛いです・・・!

f:id:yoru_diary:20210920122527p:plain

出典:『POKÉTOON』まっててね!コイキング

成長したリクオとコイキングが再会する、ラストシーンの演出は必見です!

 

 

第5弾『ぽかぽかマグマッグハウス』

ぽかぽかマグマッグハウス
  • 配信日:2021年8月5日
  • 総監督:山下清悟
  • 監督・演出・絵コンテ:薮本和彦
  • 脚本:新八角
  • キャラクターデザイン:石川準
Story

雪国の田舎で暮らすおじいちゃん、おばあちゃんの元へお泊まりにきたアンナ。

おじいちゃんたちの家にいるポケモンたちとの出会いにワクワクするアンナですが、恥ずかしがり屋のマグマッグはなかなか姿を見せてくれません。

マグマッグは嬉しい時には"ぼっぼ"と煙を鳴らすとおじいちゃんに教えてもらったアンナ。よーく耳をすましてみると・・・?

 

アンナとポケモンたちの交流に心温まる物語

本作はとにかくハートフルなお話で、作品全体の持つほんわかした雰囲気にとても癒されます。

アンナのおじいちゃんたちが住んでいる場所は、雪が多く降っていることからシンオウ地方かもしれません。寒い日にはマグマッグが暖炉に火をくべたり、綺麗好きのチラーミィはきっとお掃除をしてくれるのでしょう。共に暮らしているポケモンとの生活風景が色濃く描かれています。

実際にポケモンと暮らしたらこんな感じなんだろうなあ、という理想の生活です!羨ましい・・・!

f:id:yoru_diary:20210920130321p:plain

出典:『POKÉTOON』ぽかぽかマグマッグハウス

アンナのおじいちゃんたちのお家の小物やレイアウトもとても可愛らしいです。筆者が好きなのは、おばあちゃんがバチュル・イトマル・アリアドスの糸で編み物をしているシーン。

生活に根づくポケモンたちに癒される、素敵なアニメーションです!

 

第6弾『ゲンガーになっちゃった!?』

ゲンガーになっちゃった!?
  • 配信日:2021年9月10日
  • 総監督:山下清悟
  • 監督・演出・絵コンテ:川野達朗
  • 脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)
  • キャラクターデザイン:渡辺暁子
Story

引っ込み思案で、なかなか自分の気持ちを伝えられないショーコ。

ひょんなことから、クラスメイトたちと学校の七不思議のウワサを確かめに、夕暮れの校内を探検します。"魔の夕暮れ階段"に足を踏み入れてしまったショーコは、目覚めるとゲンガーになってしまって・・・!?

 

ゲンガーたちに勇気をもらったショーコ

自分の気持ちを相手に伝えることが苦手なショーコは、うっかり手を挙げてしまった七不思議探索の誘いも断り切れませんでした。

ショーコ自身もそんな自分がイヤだな、と心のどこかで思っていたのでしょう。

ゲンガーを始めとするゴーストポケモンは、そんなショーコに自分の言葉を伝える勇気を、きっかけとして与えてくれました。

ショーコはゲンガーに、あんなに驚いた人間見たのは初めてだよ!と褒められたり、ドラメシヤたちからは師匠!と呼ばれちゃいます。

f:id:yoru_diary:20210920133940p:plain

出典:『POKÉTOON』ゲンガーになっちゃった!?

作画の特徴もあってか、いつもよりまるまるとしたゲンガーがとても可愛らしいです。なぜか関西弁のドラメシヤたちもキュートで、良い味を出しています。

物語のラスト、成長したショーコはクラスメイトたちにも自分の気持ちを言葉で伝えられるようになっていました。そんなショーコの姿を後ろからこっそり見ていたのは・・・?

実はこのゲンガー、ショーコのお姉ちゃんだという説もあります。(※反転で見れます)

もっと詳しく知りたいという方は、観賞後にぜひ調べてみてくださいね!

愉快で可愛らしいゴーストポケモンたちとショーコの成長を見守ることができる、微笑ましい作品です。

 

POKÉTOON(ポケトゥーン)まとめ

現在、第1弾〜第6弾まで展開されているPOKÉTOONシリーズ。

今後新作が作られるかどうかは分かりませんが、続報に期待です!

どれも素敵なアニメーション作品ですので、まだ観てないという方はぜひご鑑賞ください!